区分所有でいこう!(ワンルームマンションで資産形成) 2011年08月
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

日本脱出と税金を払わない終身旅行者

最近 いろんな集いで 日本を脱出した人

のお話をよく聞きます。

日本の財政不安・高い税率・原発 普通に

考えれば 日本を脱出する方の気持ちは

よくわかりますし、私も数年後は○○を

拠点にしてるかもしれません。

そんな折、良い本が出ました。

非常にわかりやすく、選択肢も多いのが

良かったですね。

日本を脱出する本日本を脱出する本
(2011/08/05)
安田 修

商品詳細を見る


同じような切り口では この本も

税金を払わない終身旅行者―究極の節税法PT税金を払わない終身旅行者―究極の節税法PT
(1999/01)
木村 昭二

商品詳細を見る



1999年の本なんですが、色褪せることはない

秀作。


全く 古さを感じさせません。


個人的には 橘玲さんより全然好きw


ただ 残念なのは、著者の木村昭二さんの

消息がわからないこと。。。


ケイマン諸島あたりでゆっくり暮らしていらっしゃる

のでしょうか?


いちよう橘さんの新作も読みましたが、今までと

変わり映えしなかったです。

デビュー作が秀逸だったので、それ以降の作品は

ちょっと残念ですね。

大震災の後で人生について語るということ大震災の後で人生について語るということ
(2011/07/30)
橘 玲

商品詳細を見る
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

7月・8月とあっちゃこっちゃ行ってきました。

ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!
(2010/12/23)
出口 治明

商品詳細を見る



この本に影響されたわけじゃないですが、7月・8月は

結構 あっちゃこっちゃ行きました。



7月は 石垣の先にある鳩間島へ

8月は 八戸 三社大祭から車で仙台まで

    先週は 阿波踊りと甲子園へ


特に被災地については、復興作業の邪魔だ的なことを

言う方はいますが、日本人であれば、この震災を自分の目に

焼きつけることは重要だと思いました。




被災地の方 数人とお話しましたが、どれだけひどい津波・

地震だったか 知って欲しい・伝えて欲しい的な方が沢山

いらっしゃいました。


また よくイオンなどで復興支援等の売り出しやってますが、

儲かるのはイオンとイオンにパイプのある業者のみ。

本当の復興支援は 現地でお金を落とすことだと思います。


観光客のような写真撮影は当然NGですけどね。


阿波踊りですが、今までみた日本の祭りの中で最高でしたね。

ほんと 観光客が多く、施設のキャパが少ない(なんか

区分投資に通じるところがありますね)ので、もう全然

宿がとれないんですよ。

1年前くらいから取らないと難しいじゃないかな?

5月に宿をとったのですが、徳島市内から電車で30分の

ところ。しかも電車こねえ。2時間に1本。


そんな宿しか取れないですが、祭りはもう最高です。

日本人なら ぜひ一度 この祭りは味わってほしいものです。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

地方戸建投資の方 必見

田舎の家のたたみ方 (メディアファクトリー新書 27)田舎の家のたたみ方 (メディアファクトリー新書 27)
(2011/06/29)
コンタロウ、三星雅人 他

商品詳細を見る


地方戸建をされている方には良いかもしれません。

とりあえず 向学のため読んでみました。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

セミナー資料 鋭意作成中

9月10日できらめき不動産さんでお話させていただく

資料を鋭意作成中です。



パワーポイントで35枚前後でしょうか?



今まで漠然とブログを書いてきたので、今回のセミナー

を契機に棚卸しができ、自分の伝えたいことが改めて

明確になったのが良かったですね。



内容ですが、皆さんが興味を持っている銀行融資の件

も私が知っている範囲でオープンにしよう思ってますし、

自分が今 持っている物件についても、すべてオープン

にするつもりです。



あとは持ち時間を有効に使って伝えることができるか?

それが課題ですねw。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

9月10日 セミナーで話しをさせていただきます。

9月10日 横浜のきらめき不動産さんのセミナーで


「中古マンション投資の現実」と題してお話させて


いただくことになりました。


区分なので 「家賃収入で年収○○○千万」のような一棟も



のと比べて刺激的な内容にはなりませんし、普通のサラリ



ーマン でもできる空室率の少なく安定的に賃料が入って



くる 区分所有の魅力について 微力ながらお話させて


いただければと思ってます。





パワポが家にないので、会社の昼休みにレジュメを作って

います。

コンテンツについては 鋭意検討中です。




申込みはこちらから・・・

【中古マンション投資家が語る】中古マンション投資の現実

http://www.kenbiya.com/seminar/2326c4d
このページのトップへ
コンテントヘッダー

はずかし固め

面白い判例があるもんですね。



管理費の滞納者に対して、立て看板によるその

氏名の公表を行った事案について、当該行為は

不法行為とならないとした

(東京地判平11.12.24)




立て看板かあ。


まさに 「はずかし固め」ですね。



091226090.jpg
このページのトップへ
コンテントヘッダー

インターネットビジネスセミナーに参加してみた

不動産投資本も書いていらっしゃる

某さんのインターネットビジネスの

セミナーに行ったところ・・・・


セミナー終了後からメルマガ等勧誘のメールが

鬼のようにきます。



ちょっと辟易です。



ここでもやはり

「この情報商材で年収○○千万!!」

などという刺激的なキャッチ。



ところで、こういうのってどれくらいの

期間続くもんなんですかね。



大体1ケ月か数ケ月じゃないですか?



インターネットビジネスでロングセラー

なんて生まれるのか甚だ疑問です。



すぐ模倣されるし、どんどんニッチになって

果たして市場があるの?って思うんです。



で 講義の最後に 「早期割引で 6ケ月で

受講料は39万円!」と。。。



あれで申し込む人いるんですかね。



よっぽどお金持ちなんでしょう。




翌日 仕事の関係で慶應の清水先生の

講演を聞かせてもらう機会がありました。



まあ 清水先生の著書をじっくり読んだ

方がよっぽど費用対効果は高いと思うん

ですよね。



仲間が欲しいんならmixiでオフ会でもやり

ながら集客の技術を実地で学んでいきゃ

いいんじゃね?と思うわけです。



戦略的消費者行動論戦略的消費者行動論
(2006/04)
清水 聰

商品詳細を見る
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログランキングに参加しています。
ブログが紹介されました
FC2カウンター
みんなのアンケート
enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz
プロフィール

Author:ぴおほう
40なかば過ぎたおっさんサラリーマンです。一刻も早くプチリタイアしたいです。現在区分所有6部屋ホルダー。当初は区分+一棟のハイブリッド不動産投資を目指してましたが、区分の魅力にはまり、現在は区分専業で投資中。区分を10戸まで行きましたが、6戸まで減らし、一棟ものへ再挑戦中。

★資格
通関士・簿記2級・宅建・管理業務主任者・AFP

★目標
2013年(5年後)には、区分所有5部屋、一棟マンション2つ持ってリタイアすることです。→区分から始めると無理です。

2008年は 区分所有をもう一部屋増やします。←目標達成!
2009年は 区分所有をさらに二部屋増やします。←目標達成!
2010年は 区分所有をなんと4部屋増やします。←目標未達!
2011年は 区分所有を2部屋追加でいよいよ事業的規模へ
2012年は 今までの基盤を活かして、さらに不動産所得を拡大させていきます。
2013年は粛々と繰り上げ返済原資をためていきます。
2014年 区分4戸売却で品川の新築マンション住宅ローン完済
2015年 空いた住宅ローン枠を引っさげ都内に戸建て購入を計画中
2016年 新築アパート買いたい
2017年 築古アパート買いたい
2018年 晴れてリタイア?

不動産投資おすすめ本
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
この日記内を検索
検索したい語句を入力して「検索」をクリックしてください。
フリーエリア
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

好きなブログです。
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。