区分所有でいこう!(ワンルームマンションで資産形成) 銀行融資について
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

銀行融資について

先日のブログで書いた「見慣れぬ銀行」について

聞いてきました。

47年ー築年数

15年固定金利OK

築浅の物件で、95%ローンなんて物件を健美屋

さんでもたまに見かけますが、

そういうところはほとんど変動金利なので、不動産

投資のリスクのひとつである「金利上昇リスク」を

真っ向から受ける可能性があるわけです。

築浅で、15年の長期固定金利でローンが組めると、

ポートフォリオが安定すると思います。

港区・中央区などはこの融資でなんとかゲットした

いものです。

しかしこの「見慣れぬ銀行」条件が厳しい(笑)

自宅を持っていること

勤続10年以上

年収700万以上

厳しい!!

ここまで厳しいと、該当する人は少なくなるので、

該当する人はチャレンジする価値があるかもし

れません。

不動産を買うときは、銀行融資がどうしても重要

です。

販売会社さんがどんな銀行と取引しているのか?

その銀行の返済比率・総借入額の基準を手に入

れておくと、今後 進めやすくなるかもしれません

ね。

融資の基準が厳しいところで借りるだけ借りて、

その次に融資の基準のゆるいところで借りていく

なんてパターンが良いんじゃないかなあと漠然と

考えております。

以前も紹介しましたが、小堺さんは元銀行の融資

係りで、現在は税理士の作家です。

書籍はどれも参考になりますし、大体1時間もあれ

ば読破できるのでお勧めです。

 

晴れた日には銀行から傘を借りよう晴れた日には銀行から傘を借りよう
(2007/10/23)
小堺 桂悦郎

商品詳細を見る

 

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さすが

ぴおほうさん、行動力がすごいですね。
残念ながら、私はその銀行で借りられそうにありませんが…(泣)
 
ちなみに、元住吉物件購入することになりそうです。
ご近所さんになりますね(笑)

Gucciさん コメントありがとうございます。

おお近所ですね。あそこは意外と最上階だと眺望もいいですし、安定しているのではないでしょうかね。
このページのトップへ
このページのトップへ
ブログランキングに参加しています。
ブログが紹介されました
FC2カウンター
みんなのアンケート
enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz
プロフィール

ぴおほう

Author:ぴおほう
40なかば過ぎたおっさんサラリーマンです。一刻も早くプチリタイアしたいです。現在区分所有6部屋ホルダー。当初は区分+一棟のハイブリッド不動産投資を目指してましたが、区分の魅力にはまり、現在は区分専業で投資中。区分を10戸まで行きましたが、6戸まで減らし、一棟ものへ再挑戦中。

★資格
通関士・簿記2級・宅建・管理業務主任者・AFP

★目標
2013年(5年後)には、区分所有5部屋、一棟マンション2つ持ってリタイアすることです。→区分から始めると無理です。

2008年は 区分所有をもう一部屋増やします。←目標達成!
2009年は 区分所有をさらに二部屋増やします。←目標達成!
2010年は 区分所有をなんと4部屋増やします。←目標未達!
2011年は 区分所有を2部屋追加でいよいよ事業的規模へ
2012年は 今までの基盤を活かして、さらに不動産所得を拡大させていきます。
2013年は粛々と繰り上げ返済原資をためていきます。
2014年 区分4戸売却で品川の新築マンション住宅ローン完済
2015年 空いた住宅ローン枠を引っさげ都内に戸建て購入を計画中
2016年 新築アパート買いたい
2017年 築古アパート買いたい
2018年 晴れてリタイア?

不動産投資おすすめ本
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
この日記内を検索
検索したい語句を入力して「検索」をクリックしてください。
フリーエリア
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

好きなブログです。
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。