区分所有でいこう!(ワンルームマンションで資産形成) 東京で一番地震に弱い街はどこ?
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

東京で一番地震に弱い街はどこ?

AllAboutで面白い記事がありましたので、ご参考までに。。

地震が怖いのは誰もが知っていますが、地震が起きたとき、火災が起こりやすいのか、建物が倒れやすいのか、あるいは火災、建物倒壊が同時に起きる場所なのかなど、その危険度は街によって異なります。それを東京の市街化区域内の全5,099町丁目ごとに表わしたのが「地震に関する地域危険度測定調査」(第6回)です。これは東京都震災対策条例(当初は震災予防条例)に基づくもので、昭和50年に第1回が公表され、その後約5年ごとに調査が行われてきました。

この調査は地盤やそこに建っている建物の構造、建築年代、階数などから建物倒壊、火災の危険度を測定、さらにその2つの危険度から街の総合危険度を出したもので、住んでいる人に注意を促すとともに、行政の防災計画の指標としても活用されています。そのため、前回危険度の高かった地域が建物の建替えで耐震化が進み、今回は比較的安全な地域になっているという例もあります。実際、建物倒壊の危険性は都内平均で約17%も減少しているそうです。では、以下危険度別にどのような地域に危険があるのかを見ていきましょう。

建物倒壊の危険度が高いのは地盤が弱く、古い木造住宅や軽量鉄骨造が密集している荒川・隅田川沿いのいわゆる下町地域度。具体的には足立区南部から荒川区、台東区東部、葛飾区西部、墨田区、江東区北部となっており、逆に地盤が強固な丘陵地帯にあたる多摩地域での危険度は低くなっています。


同調査では危険度上位100町丁目までを発表しており、それによると危険度5の最も危ない地域は84町丁目。うち、トップは墨田区京島2丁目で、墨田区は19町丁目、台東区15町丁目、足立区13町丁目、荒川区11町丁目、江東区10町丁目などとなっています。しかし、文京区、目黒区、新宿区などでも危険度5の地域はありますから、油断は禁物です。


火災危険度は出火と延焼の危険性から測定されていますが、危ないのは木造住宅が密集している地域。環状七号線沿いにドーナツ状に分布しており、加えて中央線沿線にも多いのだとか。具体的には杉並区東部から中野区、豊島区、北区、荒川区、足立区南部、葛飾区西部、墨田区北部など。品川区南西部も危ないようです。ここでも建物倒壊度同様、多摩地域での危険度は低くなっています。


こちらの危険度上位100町丁目でも危険度5の地域は84町丁目。トップは品川区豊町5丁目で、品川区は上位10町丁目の半分を占めており、危険度5の町丁目が19にも及んでいます。それに次いで多いのは中野区で11町丁目ですが、それ以外は北区、足立区、豊島区、墨田区などが数町丁目程度など分散している様子。集中的に危ない場所があるわけではないものの、分散して火災の危険度が高い地域があるといった状況のようです。


さて、最後はこれまでの2つの危険度を総合的に勘案したもの。やはり2つの危険度の高かった荒川、隅田川沿いの下町エリアが多く、具体的には足立区南部から荒川区、台東区東部、葛飾区西部、墨田区、江東区西部が中心となります。しかし、火災危険度が幅広い地域に分散していることから、品川区南西部や北区北部、豊島区北西部なども危険度5の地域は少なくありません。


実際にランキングを見てみるとトップは墨田区の墨田3丁目ですが、2位は新宿区若葉3丁目、3位が荒川区町屋4丁目、4位が品川区二葉3丁目、5位が足立区千住柳町とそれぞれ別の地域になっています。危険は思っている以上に広い範囲に渡っているというわけです。



危険度が高いといわれている墨田区では防災に力を入れており、京島地区でもあちこちで道路の拡幅や袋小路の解消などの工事が進められており、年々安全な地域が拡大している
ところで、ここまで危険度5の地域ばかりを取り上げましたが、それ以外の地域に危険がないというわけではありません。例えば、千代田区、港区、中央区といった都心3区は鉄筋コンクリート造が多く、不燃化が進んでおり、いずれの危険度も1の地域が中心です。しかし、火災、建物倒壊は起こらなくてもエレベータ内に閉じ込められるかもしれません。また世田谷区も比較的危険度が低い地域が中心ですが、家具が転倒したり、照明器具が落ちてきたり……と考えると、どこに住んでいても地震の備えは必要。この調査を参考に、地域の特性を知り、それに合わせた備えを考えていきたいものです。


門仲 バリバリ ストライクですやん!

ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
ブログランキングに参加しています。
ブログが紹介されました
FC2カウンター
みんなのアンケート
enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz enquete.mrkx.biz
プロフィール

ぴおほう

Author:ぴおほう
40なかば過ぎたおっさんサラリーマンです。一刻も早くプチリタイアしたいです。現在区分所有6部屋ホルダー。当初は区分+一棟のハイブリッド不動産投資を目指してましたが、区分の魅力にはまり、現在は区分専業で投資中。区分を10戸まで行きましたが、6戸まで減らし、一棟ものへ再挑戦中。

★資格
通関士・簿記2級・宅建・管理業務主任者・AFP

★目標
2013年(5年後)には、区分所有5部屋、一棟マンション2つ持ってリタイアすることです。→区分から始めると無理です。

2008年は 区分所有をもう一部屋増やします。←目標達成!
2009年は 区分所有をさらに二部屋増やします。←目標達成!
2010年は 区分所有をなんと4部屋増やします。←目標未達!
2011年は 区分所有を2部屋追加でいよいよ事業的規模へ
2012年は 今までの基盤を活かして、さらに不動産所得を拡大させていきます。
2013年は粛々と繰り上げ返済原資をためていきます。
2014年 区分4戸売却で品川の新築マンション住宅ローン完済
2015年 空いた住宅ローン枠を引っさげ都内に戸建て購入を計画中
2016年 新築アパート買いたい
2017年 築古アパート買いたい
2018年 晴れてリタイア?

不動産投資おすすめ本
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
この日記内を検索
検索したい語句を入力して「検索」をクリックしてください。
フリーエリア
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

好きなブログです。
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。